雑音混ぜて音楽コンテンツ守る・音楽の違法コピーを抑止する電子透かし技術登場 Birdのゲームそしてその他もろもろの日記

Birdのゲームそしてその他もろもろの日記

PSVita最新情報、太鼓の達人&オワタツジン、PSP改造そしてその他もろもろを書いていく暇人のブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

雑音混ぜて音楽コンテンツ守る・音楽の違法コピーを抑止する電子透かし技術登場

03120C8ACCAACB2BBC9E4A1BFEighth20note.gif

音声をコピーするとノイズが入る違法コピーを防ぐ技術が開発されました(・ω・)


大日本印刷(DNP)が今月10日、音楽コンテンツの違法コピーを抑止する
電子透かし技術「ゲンコーダ Mark for COPY PROTECT」を発表。
この技術は、違法コピーした音楽コンテンツの再生時に雑音を発生させ鑑賞を妨害するもの。
音楽コンテンツのクオリティを損なうことなく、雑音データを埋め込めるそうで、
違法にコピーされた音楽コンテンツを既存の AV 機器で再生すると雑音が生じるため、
抑止効果が見込まれるとのこと。




上記画像が妨害雑音を発生させる仕組み、「妨害雑音:X」「妨害雑音:Y」の2種類の方式があり、
1方式のみ、または両方式を組み合わせての利用が可能だそう。

なるほど、わからんw!(・A・)

ただ思うことはオリジナルのクオリティも多少落ちそうなんですが…
またフリーソフトで回避とかされるんでしょうね(´・ω・)マッタク
関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://afterpcstudy.blog.fc2.com/tb.php/172-97bbe524

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>